塩麹のきんぴらごぼう



e0252849_1429950.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

塩麹、私も実は仕込んでます。

発酵食品である麹は、麹菌と酵母が作り出す酵素が食品の成分を分解してうま味を引出し
独特の香りやコクを作り出します。
また、肉や魚は酵素によってタンパク質が分解され柔かくもなります。

粒粒感が残ってこれは何?って思ってしまう方もいるかと思いますが、
きんぴらを塩麹と砂糖だけの味付けで作ってみました。
きんぴらごぼうは私が好きなお献立の一つ。

ごぼうはあくが強いし切るのが面倒…と思いながらも、せっかくつくるんだしお弁当のおかずにもいいので
いっぱい作ろう!と思うですが、その日に結局食べきってしまったり。
だしをたくさん入れてみたり、甘口にしてみたり、これまでいろいろ試行錯誤を繰り返してきたのですが、
ごぼうと人参に塩麹と砂糖だけしか調味料を入れなくてもこんなにおいしくできます。
どくとくの甘みとちょっと味噌炒めを思わせる風味が絶妙ですよ。

レシピはこちら
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
<塩麹のきんぴらごぼう>

<材料> 作りやすい分量
ごぼう  カットごぼうだったので3本
人参  5センチ
赤トウガラシ  適宜
胡麻油  小さじ2
塩麹  大さじ2
砂糖  小さじ2

<作り方>
1.ごぼうは良く洗って先端を切り落とし、ピーラーでひたすら削る。
  人参は斜め薄切りにして千切りにする。
2.鍋にごま油を熱し、赤唐辛子を加えてごぼうを入れる。
  ごぼうの香りがしたら人参も加えてじっくり炒める。
3.砂糖を入れ塩麹も加えて水分を飛ばして仕上げる。

エノキやしいたけ類なんかを加えてもおいしいですし、
残っていたネギなんかを加えると、また違ったおいしさが生まれますよ。
[PR]

by arabesquevege | 2011-11-21 13:31