カテゴリ:お野菜( 82 )

キムチ入り♪ ズッキーニのひき肉づめ

e0252849_9325491.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。
夏休みに入ってから涼しくて過ごしやすい日が続いていますね。

本日も、レシピブログ様×東海漬物様コラボ企画
韓国農協キムチでつくる夏を乗り切る☆スタミナレシピ大募集!

の投稿レシピのご紹介をさせて頂きます。

キムチの味を活かしてキムチハンバーグの発想です。キムチを入れば味付けはキムチでOK。
お手軽に出来ます。
加熱するとホクホクした感じになるズッキーニの真ん中に入れて
素揚げしてみました。

夏本番を迎え美味しそうなズッキーニがたくさんスーパーに並んでます。
ズッキーニは、皮の色が濃く張りがあって切り口がなるべく新鮮なものをお求めくださいね。

今回はくりぬいたズッキーニも水分を切ってハンバーグのたねに加えております。

ではレシピはこちら。
↓  ↓  ↓  ↓
キムチ入り♪ ズッキーニのひき肉づめ
<材料>  作りやすい分量
ズッキーニ(中サイズ)  1本
牛豚ひき肉  150グラム
玉ねぎみじん切り  1/2個
卵  1/2個
牛乳に浸したパン粉 大さじ2
キムチ  大さじ山盛り1杯分を刻む 
塩・コショウ(入れなくてもOK)  適宜
にんにくすりおろし  少々

<作り方>

1.ハンバーグのたねを作る要領で、材料のひき肉~パン粉までを混ぜる。
  塩コショウを適宜加え、刻んだキムチを加えて混ぜる。
2.ズッキーニは2センチ幅の輪切りにして、真ん中をスプーンで
  くりぬく。
3.2の空間の部分に1を山盛り入れて形を整える。
4.小麦粉(分量外)をふって170度に熱した油でからりと揚げる。
5.お好みで粉チーズやクレージーソルトをふっていただく。

e0252849_9333038.jpg


見た目もリングはかわいくて、食べてみるとキムチの味が効いている、
なかなかいい塩梅♪
ズッキーニ自体は案外淡白な御味なので、キムチのパンチがいいですよ。
つまみやすいのでビールのお供にもいかがでしょうか。


今日は娘がピアノのコンペに出場します。
全然上手じゃないんですが、出てみたい!という本人の気持ちを尊重してエントリーしました。
同じ曲をまるまる4か月以上も弾いていて、本人的にはもう飽きている状態。
それでも突き詰めて弾かないといけないので、
日々の練習ではママと娘のバトルが始まるわけです^^;

私もコンペがどんなものか、全然分からい状態。
でもトップレベルの方しか出場しないはずなので、
到底本選に勝ち残れる希望は持ってかないのですが、
とりあえず間違えずに弾いてくれることを祈るばかり。
朝から私が緊張しています。

というわけで、コメントをくださっている方、ブログに遊びにいらして下さった方、
おじゃまできない状態がちょっと続きますが申し訳ありません。
では本日はこの辺で。


コンテストに参加させていただいております。
おいしそう!と思っていただけましたらバナーにポチッとクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
韓国農協キムチの料理レシピ
韓国農協キムチの料理レシピ




本日も最後までお付き合いいただきましてどうもありがとうございます。みなさまの応援ポチッをいただけましたら本当にうれしく思っております。
どうぞお帰りに、こちらのバナーに応援ポチッをよろしくお願いいたします。



レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2012-07-24 09:37 | お野菜

茄子ときゅうりの醤油麹辛子和え

e0252849_2033675.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

今日は昨日とは打って変わって肌寒いくらいの1日でしたね。
昨日との気温の差が10度以上。
この温度差にますます体は参ってしまいますね。

みなさまどうぞ体調にはお気を付け下さいね。

さて、連日あまりに暑くてキッチンに立つ気分にもなれなかったので、
火を使わないレシピを考えておりました。

茄子の辛子和えを母がよく作っており、実家にいた時は何気なく食べていたんですが、
いざこの味ってどう作るんだろう…といろいろレシピをあさってみて
何となく作ってみました。
これまでは醤油麹がなかったので、たっぷりの辛子+醤油+砂糖少々でお味付けでしたが、
今回は砂糖を入れないで醤油麹と辛子でお味付け。
塩豆腐にのっけて食べればひんやりおつまみに早変わりです。

レシピはこちら。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
茄子ときゅうりの醤油麹辛子和え
<材料>  作りやすい分量
茄子(大)  1本
キュウリ  1/2本
辛子  小さじ1
醤油麹  小さじ2
塩  適宜

塩豆腐  1丁

<作り方>
1.茄子はところどころ皮を剥き、薄切りにして塩水にさらす。
  きゅうりは千切りにして塩少々をあてておく。
2.1の水分を切って、調味料で和える。
3.塩豆腐を食べやすい大きさに切って2を上に乗せる。


いよいよ夏休みに突入ですね。
朝子供を送り出さなくてもいいと思うとちょっと気が楽ですが、
案外夏休みって忙しいんですよね~。

娘はピアノの発表会に娘のコンペ、バレエの発表会、
息子もピアノの発表会に夏期講習と結構あちこち忙しい日々が待ってます。

みなさま楽しい週末をお過ごしくださいね。



いつもブログを最後まで読んでくださいましてどうも有難うございます(*^_^*)
よろしければ下にポチッと応援いただけましたらとっても嬉しいです。



レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2012-07-20 20:34 | お野菜

玄米のお寿司ときゅうりのお吸い物

e0252849_8123123.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

昨日は本当に本当に暑かったですね~。
我が家は西日がガンガンにあたる家なので、
冬は案外暖かく過ごせてありがたいのですが、
夏は暑さとの闘いです。
朝のうちに食事の支度をしておかないと
ガスを使い西日が当たってくるとなると冷蔵庫の温度までもが
2度くらい上がってしまいます。

緑のカーテンにということで植えたキュウリ。
だいぶ大きい葉で上の方まで覆ってきてくれています。
ただしキュウリの木もあと少ししたらお役御免。
きっと葉が枯れ始めるので脇では長男が学校で植えた
ヘチマさんにスタンバイして頂いております。
節電心がけなければですもんね。

e0252849_8123694.jpg


こちら、我が家のプランターでできたキュウリさんです。

さて本題に入り、玄米を食べるようになって、
子どもたちはおなかの調子もかなり快腸です。
美味しいし栄養もたっぷり、いいこと尽くし♪

玄米のお寿司もお気に入り♪
娘からおいなりさんを作りたいというリクエストをもらったので、
早速実行(写真が暗くて申し訳ないのですが・・・)。

もちろん娘はご飯をいなりに詰める係ですが、
お揚げを破かないように、しかも形よく納めるにはまだまだ
かなり修行が必要の様です。
でもやりたい!というその気持ち、買ってあげなきゃですよね。
ついでにお揚げを開いていなり巻も作ってみました♪

e0252849_8133341.jpg



実家からキュウリがどっさり送られてきたので、
家のプランターの分も含め、毎日どっさり頂いております。
いなり巻にもまきまきしております。

添えてあるお吸い物ですが、
こちらは鶏肉ときゅうりのお吸い物。
私の母がささみでよく作ってくれましたが、今回は塩麹に漬けておいた鶏の胸肉を使用。
キュウリは火を通しすぎないようにさっと浮かせる感じにすると
シャキシャキします(50度洗いのような感じですかね)。
手軽に鶏の出汁がとれて意外な組み合わせなんですが、
食感が良くて私は好きなんですよ。

ではレシピです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
きゅうりのお吸い物
<材料> 4人分
キュウリ  1/2本
鶏胸肉 ひと口大のそぎ切り  20枚くらい
塩コショウ  少々
水  600cc

<作り方>
1.キュウリは千切りにしておく。鶏肉は塩麹に1晩漬けておいたもの(無ければそのままでOK)
  をひと口大の削ぎ切りにしておく。
2.鍋に湯を沸かして鶏肉に片栗粉を適宜まぶして茹でる。
  火が通ったら塩コショウで味を調える。
3.食べる直前にきゅうりを浮かせてよそう。

e0252849_8131416.jpg


ちょっと地味なお食事ですが、巻き寿司と稲荷をいっぱい食べたい気分だったので
娘作の稲荷ずしと巻き寿司を楽しんで食べました♪
キュウリは生で食べる方が圧倒的に多いですが、
案外炒め物もおいしいですし、チャプチェに入れたりすることもありますよね~。
胸肉もパサつかず、塩麹でうま味もアップ。
単なる出汁だけでなくお肉としてもおいしくいただけました。

時にはこんな変わったお吸い物もいかがでしょうか。


いつもブログを最後まで読んでくださいましてどうも有難うございます(*^_^*)
よろしければ下にポチッと応援いただけましたらとっても嬉しいです。




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2012-07-18 16:22 | お野菜

熊本銘菓 いきなりだんご

e0252849_206568.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

今日はタイ料理はちょっとお休み。

日本全国各地の名産物と、身近な「缶詰・びん詰・レトルト食品」でつくる
レシピコンテスト応募レシピを作ってみましたのでそちらをご紹介させて戴きます。

e0252849_2054348.jpg


熊本銘菓のいきなりだんご。
なぜ「いきなり」なのかについては、
さつまいもがいきなり出てくるのでという説と、
いきなりお団子になるからという説があるそうですね。

このいきなりだんご(だごというのが正解なんでしょうか…)、
ずいぶん前ですが、長男が年長の時にアニメの「ケロロ軍曹」にハマっておりまして
ケロロ軍曹がこのいきなり団子についてのウンチクを語っていたのでした。
案外大人じゃないと理解できないようなギャグが出て来ていたケロロ軍曹、
私は結構このギャグが好きで息子と一緒に録画してまで視ていました(^^)

いきなり団子は関東地方でも九州物産展などではおなじみで、
わが家も何度かデパートの催事場でゲットしたこともあました。
ケロロ軍曹に出てきたからには作ってみよう!ということで、
以前は何度か作っていましたが、最近とんとご無沙汰状態。

全国の名産物と聞いてまた作りたくなり、思い立ったが吉日!
缶詰の小豆、あるある!さつまいも、あるある!白玉粉もちょうど100グラム分あるある!

では簡単なレシピはこちら。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
ゆであずき缶で いきなりだんご
<材料>  8個分
さつま芋  細めのものが作りやすい  1.5センチ幅  8枚
白玉粉  100グラム
薄力粉  100グラム
砂糖  20グラム
塩  ひとつまみ
水  140cc

ゆであずき(缶詰)  適宜

<作り方>
1.さつまいもはカットして水にさらしてあくを抜く。ざるに揚げて水分をよくふく。
2.白玉粉に水を少し加え練る。そこに砂糖・塩・薄力粉を加えて水を加えて生地を作る。
3.8等分して円形に伸ばしさつまいもの上にあんを乗せて包む。
  おへその部分が熱くなりすぎないように注意。
4.蒸し器で15~20分蒸して出来上がり。


久しぶりに食べてみて、やっぱり素朴だけれどおいしい!さつまいも好きにはタマラナイ!!と
思ってしまいました。
あま~いさつまいもが何ともいい味(^^)

それにしても、いきなり出来るからいきなりだんごという説、
いきなりは出来上がらないかな~(笑)
でも、また作りたい味ですよ。


よろしければ下にポチッと応援いただけましたらとっても嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓ 
缶詰・びん詰・レトルト食品の料理レシピ
缶詰・びん詰・レトルト食品の料理レシピ



本日も最後までお付き合いいただきましてどうもありがとうございます。みなさまの応援ポチッをいただけましたら本当にうれしく思っております。
どうぞお帰りに、こちらのバナーに応援ポチッをよろしくお願いいたします。



レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2012-07-13 20:13 | お野菜

タイ料理でおもてなし

e0252849_11204936.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

昨日は我が娘と私はちみつりんごにたくさんの誕生日おめでとうメッセージをくださいまして
本当にどうも有難うございました。
ブログを通じてお付き合いくださっているみなさまから温かいメッセージをいただいたこと、
本当にうれしかったです。これからもみなさまどうぞよろしくお願いします。

さてさて、先日友人を招いてタイ料理の会を開催しました。

私とタイ料理の出会いは、主人が幼少時バンコクに住んでおり、主人の実家はタイとの関連が
強かったということによります。

結婚当初主人の実家からドリアンやマンゴー、マンゴスチンなどのフルーツどっさり、
また、タイの生活様式やタイ料理について母が語ってくれたこと。
タイの味なんてOL時代に時々タイ料理のお店に行ったことはありましたが、
私の実家では程遠い味。
主人の母が作ってくれたヤムウンセンを食べて、なんだろう・・・・この味!!!
おうちでこの味が作れるんだ…ということがちょっと衝撃的でした。

子どもが生まれる前ですが、主人も案外とマメで(あ、かなり失礼かしら・・・)
自分でアメ横に行ってタイの調味料(シーズニングソースとかシーイウカウなどなど)や
クイッティオを作るために麺類をどっさり買い込んできたりしたこともあったっけ。

そんなわけで、なんだか今くらいの時期には1年に1度はタイ料理のパーティーを開きたくなってしまう私。
今回のお客様はあまりタイ料理を召し上がったことのない方ばかり。
あまり辛すぎるのはNGという方もいらしたので、
万人受けしそうなものをメニューにチョイスしました。

e0252849_11211234.jpg

   ~本日のパーティーメニュー~
  ヤムウンセン  
  ナンプラー風味のなます
  きゅうりのナンプラー漬け
  トードマンプラー(タイ風さつまあげ)
  ムー・サテー(豚肉の串焼き)
  タイ風エビ炒飯
  ココナツミルクたっぷりグリーンカレー
  タピオカミルク


e0252849_11141632.jpg


前菜としてお出ししたきゅうりのナンプラー漬けはRUNEさんを真似て
今回私も人参の千切りも加えてみました。
ヤムウンセンはレシピは過去のレシピをご参照くださいね。
 ↓  ↓  ↓  ↓
  ヤムウンセン

しばらくパーティーメニューのレシピ公開をさせて頂きますね。
明日はさつま揚げで行きましょう(^^)
本日も最後までお付き合いいただきましてどうもありがとうございます。みなさまの応援ポチッをいただけましたら本当にうれしく思っております。
どうぞお帰りに、こちらのバナーに応援ポチッをよろしくお願いいたします。



レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村




  
  
[PR]

by arabesquevege | 2012-07-11 16:19 | お野菜

つくれぽとオクラとツナのガーリック風味和え

e0252849_16292243.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

さてさて冒頭に、とっても嬉しいことがあったので、ご紹介です。

いつもブログでお世話になっているRUNEさんが、
私のピリ辛きゅうりのナンプラー漬けを作って下さいました。

もう、驚きです。
どのお料理も完璧に素敵にそして栄養たっぷりに作られる
センス抜群のRUNEさんに作っていただけたなんで飛び上がって喜んじゃいました。

さらに、きゅうりではなく、ズッキーニと千切りのニンジンを加え
彩もとっても美しいオリジナルにされています。
とってもおいしそうなので、是非ご覧くださいませ。

RUNEさんの素敵なブログはこちらです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
I Love to Create ☆*。

RUNEさん、いつもどうもありがとうございます。

さてさて、今日のレシピは火も使わず暑い夏には最高の1品です。

今が旬なオクラ。切り口が星形のように見えるのでかわいいお野菜だな…と思います。

オクラには独特の粘性がありますが、ネバネバの正体はムチンやガラクタン。
コレステロールの吸収を抑えてくれます。βカロテンやビタミンB・C・Eも含み
バランスの取れた食品と言えます。

一般的には茹でていただくことが多いかと思いますが
今回は塩でいたずりにしたものを塩麹漬けにします。もちろんこれだけでもおいしいですが
お手軽にツナ缶を使いおつまみに仕上げてみました。
切るだけでOKなので、今日のように蒸し暑くて何をする気にもなれなそうな、
そんな日のおたすけレシピになればと思っております。

レシピはこちら。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
ツナのガーリック風味和え
<材料> 2~3人分
オクラ  1袋(10本入り)
塩麹  小さじ2
ツナ缶  1/2缶
ラッキョウ甘酢漬け(市販でOK)  2~3粒
麺つゆ  小さじ2
ニンニクすりおろし(チューブで可)  少々

<作り方>
1.オクラはヘタを取り、塩(分量外)適宜をふっていたずりのようにしておく。
2.塩を拭き取り塩麹につけて1晩おく。
3.ラッキョウはみじん切りにする。
4.2の塩麹をぬぐいとり食べやすい大きさに切る。星形が出るようにするとかわいいです。
5.ツナ缶の油をさっと切り、3・4に加えて麺つゆとニンニクすりおろしで味付けをする。
6.あれば青じその千切りをトッピングしていただく。

e0252849_16295375.jpg



ガーリックの風味がして食欲増進ですよ。
サッと出来る1品、オクラがあるときに是非お試しくださいませ♪

ところで、オクラの生産全国第1位は鹿児島県。
実は私は鹿児島県には行ったことが無いのです。いつか行ってみたいな~と思っておりますが、
行ってみた気分で缶詰と組み合わせて缶詰・びん詰・レトルト食品の料理の投稿レシピと
させて頂こうと思います。

よろしければ下にポチッと応援いただけましたらとっても嬉しいです。
↓  ↓  ↓  ↓ 
缶詰・びん詰・レトルト食品の料理レシピ
缶詰・びん詰・レトルト食品の料理レシピ



本日も最後までお付き合いいただきましてどうもありがとうございます。みなさまの応援ポチッをいただけましたら本当にうれしく思っております。
どうぞお帰りに、こちらのバナーに応援ポチッをよろしくお願いいたします。



レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2012-07-06 16:31 | お野菜

週末の晩酌に♪ 焼きナスの香味オイルがけ

e0252849_20224698.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

茄子がおいしい時期になってきましたね~。
これから秋茄子の時期まで、ぞんぶんに茄子を楽しみたいと思っております。

以前は茄子は水分がほとんどで栄養価はあまり期待できないと思われておりましたが、
近年、茄子紺と言われるように、紺色はナスニンという強い抗酸化作用を持つ
ポリフェノールの一種が含まれていることがわかり、アンチエイジングに
効果的であるので積極的にいただきたいお野菜です。

この茄子、インドが原産地と一般的に解釈されていますが、
じゃがいも、トマト、ピーマンなど、茄子のお仲間の果菜類は南米や
熱帯アメリカの原産。どうして茄子科に属するのだろうか…と不思議に思ったことがあります。

日本の茄子はみずみずしくて甘くておいしいですよね。
タイのグリーンカレーなどに入る茄子は、日本のものより小さくて固い、
茄子とはかけ離れたものだったのを記憶しています。
色も黒に近いものから、緑、赤、紫、白。形も長いものから丸いもの
大きさもいろいろあって茄子と一口に言っても様々。

この茄子、どうやったらおいしく頂けるだろうか…。
お料理するたびに茄子と会話していけたら素敵だなって思います。

さて、今日の茄子のレシピは、塩であく抜きしたものを油で焼き、
サラダ仕立てにしております。
小ネギとしらすを油で熱し上から回しかける前菜です。

レシピはこちら。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
焼きナスの香味オイルがけ
<材料>  2~3人分

茄子  3個
塩  適宜

サラダ油  適宜

しらす  1パック
小ねぎ  3~4本
すりおろしにんにく チューブでOK  小さじ1
パセリみじん切り  大さじ1

☆オリーブオイル  大さじ3
☆白ワインビネガー  大さじ1
☆しょう油    大さじ1
ブラックペッパー  仕上げに適量

<作り方>

1.茄子は1センチ幅に切り直ぐに塩をふってあく抜きする。
  水分が出たらペーパータオルで水分をよくふき取る。
2.フライパンにサラダ油を熱し、こんがりと焼き、あらかじめ器によそっておく。
3.取り出したフライパンしらす・小ねぎ・にんにくすりおろしを炒め、2の上にトッピングしておく。
4.☆をフライパンに入れて熱しホットオイルを作る。
5.3にアツアツの4をかけてパセリのみじん切りをふりかけていただく。

e0252849_20231413.jpg


ひんやり冷やした白ワインでもいいですし、冷酒なんかもいいかもしれませんよ。
週末の晩酌にぜひどうぞ。

  

いつもブログを最後まで読んでくださいましてどうも有難うございます(*^_^*)
よろしければ下にポチッと応援いただけましたらとっても嬉しいです。




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2012-06-29 21:07 | お野菜

ピリ辛きゅうりのナンプラー漬け

e0252849_655387.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

おいしいキュウリが出回ってますね。
旬のものは旬のうちにいろいろなお味を楽しんでみたいな…
そんなふうに思います。

いつも、スティック状にしてゴマ味噌をつけて頂くか、
浅漬けふうにして頂くことが多いのですが、
今日はたたきキュウリにしたものを
タイの青唐辛子であるピッキーヌを入れた
ナンプラー味で浅漬けにしてみました。

レシピはこちら。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ピリ辛きゅうりのナンプラー漬け
<材料>  作りやすい分量
キュウリ  2本
塩  少々

☆ナンプラー  大匙1.5
☆水  100cc
☆赤唐辛子  1本
☆青唐辛子  2本
☆砂糖  ひとつまみ


1.キュウリは塩をふっていたずりにし、しばらく置いた後さっと塩を流し
  水分をふいて叩いておく。
2.唐辛子は小口切りにして☆のつけ汁の材料をポリ袋などに作り、1を加える。

e0252849_654060.jpg


ナンプラーってこれだけでも十分にお味が染みるんですね~。
独特のお味ですがピリ辛がまた後をひく感じ。
ポリポリいくらでもいただけます。

日持ちですが、漬けて翌日から3日くらいはOKです。
辛さはお好みですが、この辛さとナンプラーのお味、
とっても簡単ですのでどうぞ1度お試しあれ。

いつもブログを最後まで読んでくださいましてどうも有難うございます(*^_^*)
よろしければ下にポチッと応援いただけましたらとっても嬉しいです。




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

 
[PR]

by arabesquevege | 2012-06-24 19:58 | お野菜

納豆チーズのモチモチじゃがまんじゅう

e0252849_16322938.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

今年は実家で、父にリクエストをして初の試み「北あかり」を作ってもらっています。
今までは昔ながらの男爵だけをかたくなに作り続けていた父。

先日実家に行った時に父が掘ってくれたので、持てる分だけもらって来ました。

出来栄えは、男爵よりもデコボコが少なく、キメの細かいホックホック、なかなかいい出来です。
シンプルに茹でていただくのもとっても魅力的ですし、ポテトサラダするもの魅力的。

今回は目先を変え脱ワンパターンということで、
もっちもちのじゃがいもまんじゅうのように仕立て、
中に納豆とチーズを入れておかずになるようにしたらどうかしら…。
お味は、クミン風味と甘辛餡かけの2種類に。とりあえずトライ。

e0252849_16322517.jpg

クミン風味はいただくとクミンの香りがふんわりおいしいのですが、
モチッとした食感に納豆がちょっともたつく感じがするのでちょっとどうかしら…、という感じ。
焼きオクラはバッチリなんですけどね…。

甘辛餡かけの方は中からとろ~り納豆とチーズが出てきて、
餡がしっかり絡むので、なかなかのお味でした。
e0252849_1633810.jpg


ということで、餡かけのほうのレシピをご紹介します。
レシピはこちら。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
納豆チーズのじゃがまんじゅう
<材料>直径3~4センチくらいのまんじゅう8個分
じゃがいも  中サイズ2個 小サイズ1個
塩  少々
片栗粉  大さじ3

金の粒 納豆  1パック
切れてるチーズ  3枚
青じそ  千切り  たっぷり

A.みりん  大さじ2弱
A.醤油  大さじ2
A.水  大さじ2
A.片栗粉  少々

<作り方>
1.じゃがいもは蒸かす、もしくは電子レンジにかけ、皮を剥いて塩少々をふり
  潰す。
2.片栗粉を混ぜて練る。
3.納豆にたれを加え、さっと混ぜる。あまり混ぜすぎると包みにくい。
4.じゃがいもの生地を等分に分け、平たく伸ばし納豆とチーズを乗せまんじゅうを包むように
  成形する。
5.フライパンにサラダ油大さじ1をひき、まんべんなく焦げ目がつくように焼く。
6.焼き色が着いたら取り出し、Aの材料を火にかけ餡を作る。
7.5に6をかけ、青じそを飾る。

納豆とチーズは、なかなかいい相性ですよね。
モチモチのじゃがいもまんじゅうは、中に何も入れなくても
子どものおやつとしてもよさそうですよ。



さてさて、昨日の台風、ものすごい風でした。
今朝雨戸をあけてみると、鉢が倒れまくっており、
プランターで育てているきゅうりを恐る恐る見に行きました。、
強風にあおられ葉がヨレヨレになったものもありましたが、
何とか持ちこたえたようです。

娘が学校の朝顔の栽培で間引きして持ち帰ったものが放置されていて瀕死状態だったので、
ダメ元で植えてみたものも何とか支柱に蔓を巻いていたので無事でした。
台風が過ぎた後の風がまだ続いていますが、この時期にこんなに大きい大風が上陸するなんて、
日本の気候が熱帯化しているようですよね。

こちら、持ちこたえたきゅうりです。
e0252849_16342325.jpg


いつもブログを最後まで読んでくださいましてどうも有難うございます(*^_^*)
よろしければ下にポチッと応援いただけましたらとっても嬉しいです。


金のつぶの料理レシピ
金のつぶの料理レシピ



レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2012-06-20 16:59 | お野菜

夏野菜トッピングカレーで父の日ディナー

e0252849_1281860.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

今年は梅雨に入りジメジメというより肌寒いくらいの陽気の関東地方。
でも何となく夏っぽいお料理が食べたい気分ですよね。

今日は父の日を意識して、家族が大好きなカレーを作りました。
パーティーになるように夏野菜をいろいろ焼いて、トッピング♪♪♪
e0252849_1255377.jpg

セルフで好きなものを好きなだけトッピングするのは食べ手も楽しく
何となく盛り上がる気がするので、

  茄子(主人の好物)  パプリカ(娘の好物)  ポテト(息子の好物)   アスパラ(私の好物)

なんて感じで、さらに夏野菜を意識して集めてみました。
シンプルに塩をふってオリーブオイルで焼くだけですが、
やはり旬のお野菜は甘みがあっておいしい♪

今回のカレーはいわゆる日本の定番カレーのようにお野菜がコロコロとは入っていない、
お野菜もお肉もミンチ状にして、トッピング野菜を引き立たせるようにしてみました。
人参・玉ねぎの原型が見えると「無理~」と言い出す息子的にはこちらの方がより好みだそうです。

ごく一般的なカレーなのでアップするほどではないのですが、レシピはこちら。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
夏野菜トッピングカレー
<材料> 6~8皿分
牛豚ひき肉  400グラム
カレー粉  小さじ1
新玉ねぎ(大)  2個
人参  1本
トマトジュース  200cc
じゃがいも  2個
ピーマン  2個
ニンニク 2かけ
しょうが  1かけ
ローリエ  1枚

カレールー(粉末)  大さじ5
ガラムマサラ  小さじ1
インスタントコーヒー  小さじ1/2
ヨーグルト  大さじ1
塩コショウ  適宜
はちみつ  小さじ2
バター  10グラム

トッピング野菜  茄子  パプリカ  アスパラ  ポテト  オクラ
半熟卵  人数分

<作り方>
1.玉ねぎ・人参・ピーマン・ニンニク・しょうがをすべてフードプロセッサーでミンチ状にする。
  じゃがいもは煮崩れるので適当にカットして水にさらす。
2.厚手の鍋にオリーブオイル(分量外)大さじ2を入れ、1とカレー粉をじっくり炒める。
  続いてひき肉を入れて炒める。
3.トマトジュースと水(鍋にだいたい7分目くらいになりました)を加えてローリエ・塩コショウを加えて
  煮込む。
4.火がじゃがいもに火が通ったらじゃがいもはへらなどで潰してとろみをつける。
  カレールーを入れ、インスタントコーヒー・ヨーグルト・ガラムマサラ・はちみつを加えて更に煮込む。
5.フライパンにオリーブオイルをひき、トッピング野菜をこんがり焼く。
6.仕上げにバターを加えてかき混ぜたら出来上がり。

e0252849_1284669.jpg

わが家の定番である半熟卵も忘れずに。
今日のごはんは麦ごはんです。
五穀米や玄米などいろいろ試しても楽しいですよね~。
e0252849_1265956.jpg

パーティーらしく、マンゴーラッシーも添えております♪

主人にはなかなか申し上げづらいですが、いつもありがとうございます。


 いつもブログを最後まで読んでくださいましてどうも有難うございます(*^_^*)
よろしければ下にポチッと応援いただけましたらとっても嬉しいです。



ル・クルーゼの料理レシピ
ル・クルーゼの料理レシピ




レシピブログに参加中♪



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

 
[PR]

by arabesquevege | 2012-06-15 19:46 | お野菜