エコクッキング



e0252849_11262250.jpg

こんにちは、はちみつりんごです。

エコクッキングとして、葉っぱ2種で常備菜を作ってみました。

左側は大根の葉っぱ炒め煮。
実家の父が送ってきてくれたものにニンジンとしらす干しを加えて作りました。

右側はセロリの葉っぱの炒め煮。
昨日宅配便で購入した無農薬のセロリの葉っぱがあまりに立派で
スープに浮かすにはたくさんあるし、
炒め煮にして常備菜にすることに。

どちらもあまり注目を浴びないものですが、
緑色野菜でカロテンやカルシウムは本体より豊富。
ぜひ捨てずにひと手間かけるだけで
立派に食卓をにぎやかにしてくれます。

ちょっとクセが強くてお好みではない方もいらっしゃるかと
思いますが、茹でこぼして胡麻油で炒めると
強い香りが和らぎます。
しらす干しのアクセントも効いてますよ。

今日は後者、セロリの炒め煮のレシピをご紹介します。

<材料>
セロリの葉っぱ   5本分くらい。
しらす干し   30グラム
削り節   1パック
すり胡麻  大さじ2杯
だし汁 大さじ2杯
酒  大さじ1杯
砂糖 大さじ1杯
しょうゆ  大さじ1+1/2杯

<作り方>
1.セロリの葉は洗って熱湯でさっと茹でこぼす。
2.5ミリくらいの幅に刻む。
3.鍋にごま油(分量外)小さじ1杯を熱し炒める。
4.全体に油が回ったらしらす干し・酒・だし汁を入れて炒める。
5.砂糖・しょうゆを順に加える。
6.汁気がなくなって来たらすり胡麻・削り節を加えて混ぜる。

作っておくとお弁当や箸休めにいいですよ。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


[PR]

by arabesquevege | 2011-10-18 11:44 | お野菜

マロンケーキ



e0252849_8175951.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

栗の甘露煮を入れたマロンケーキを焼いてみました。

先日、長野県に住んでいる叔母が珍しい葡萄の詰め合わせを
どっさり送ってくれました。

そのときの葡萄のひとつが「ながのパープル」で、こちら。
e0252849_8213939.jpg


ものすごく甘くてジューシーで最高においしかった。
そのほかに「翠峰」という、マスカット系で本当に大粒のものがあり、
今まで見た中で一番大きかった。
マスカット系で種無しはあまり見かけないように思いますが、
この翠峰は種無しでエライ!

というわけでそのお礼にマロンケーキを送ってみました。

ふわふわでなかなかの出来です。

レシピはこちら。

スタイリッシュパウンド型1本+シリコンモールドバラ型 5個分
<材料>
小麦粉  130グラム
アーモンドプードル  20グラム
きび砂糖  130グラム
はちみつ  20グラム
卵  3個
ベーキングパウダー  5グラム
バター(食塩不使用)  130グラム
栗の甘露煮  6~7粒

<作り方>
1.粉類とベーキングパウダーを合わせてふるう。オーブンは170度に予熱する。
2.室温に戻しておいたバターを泡だて器でよく混ぜ、砂糖を混ぜる。
3.白っぽくなったらはちみつを混ぜてさらによく混ぜる。
4.卵を溶きほぐして少量ずつ加えていく。都度よく混ぜる。
5.ふるっておいた粉類をふるい入れる(ここは一気に入れて可)。
6.栗の甘露煮を加えてスパチュラで「の」の字を描くようによく混ぜる。
  分量が多いので力が要りますが、60~70回くらい混ぜてもOK。
7.型に流しいれ、予熱したオーブンで35分程度(シリコンは20分)焼く。
8.竹串を刺して何もついてこなければ焼き上がり。

私のレシピには私の名前、はちみつが入ります。
ふんわり優しい味になりますよ。

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2011-10-18 08:20 | お菓子

栗栗栗


e0252849_865169.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

主人の実家から秋の味覚の栗がどっさり届きました。
近所の栗畑から購入して送ってくれています。
そこの栗は本当に大きいのです。

e0252849_817096.jpg

さっそくせっせと剥いてます。
我が家はさつまいも好きですが、
栗も大好き。
栗ごはん、お肉と一緒に甘辛く煮てもよし、モンブランペーストに
しておくのもいいですよね~。

栗は食べておいしいのですが剥くのが一苦労。
で「栗坊主」なる器具を購入しました。
これなら結構仕事もはかどります。
ただし手を切ると大変ですよ。

栗は剥いていると虫がいるものはすぐ分かります。
独特の匂いがしていて包丁の入り具合も違います。

で、まずは甘露煮にしておきました。

作り方はこちら。

<材料>
栗(皮を剥いたもの) 1キロ
砂糖 500グラム

<作り方>
1.栗の皮を剥く。剥けたら水につけてあくを抜く。
2.茹でこぼす。
3.砂糖を数回に分けて入れ、栗に完全に火が通るまで煮る。
4.清潔にした保存容器で保存する。

砂糖の量はお好みですが、1/2量程度を目安にすると日持ちします。

これからまだまだいろいろに七変化させますよ…。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2011-10-16 08:12 | 料理いろいろ

スイートポテト



こんにちは、はちみつりんごです。

e0252849_16172078.jpg

昨日大量に蒸したさつまいもで作ったスイートポテトです。

レシピはこちら。

作りやすい分量

<材料>
さつまいも  2本(蒸した後皮を剥いて300グラム分を使用)
キビ砂糖  60~65グラム
バター(食塩不使用)  40グラム
卵黄  2個
全卵  2/3個
牛乳  40cc
ラム酒  小さじ2(お好みで)

<作り方>
1.蒸し器にたっぷりのお湯を沸かし沸騰したらさつまいもを並べ
  竹串を刺してすっと通るまで蒸す。
2.蒸しあがったら皮を剥きマッシャーやフォークでつぶす。熱いうちにね。
3.フードプロセッサーがあればフードプロセッサーにかけつぶす。
  なければ裏ごしする。
4.続けてキビ砂糖・バター・卵の順に入れ都度フードプロセッサーを回す。
5.ラム酒を入れて固さをみて牛乳を入れる。だいたい角が立つくらい。
6.星形の金口の絞り出しで直径3センチくらいに外側から円を描くようにこんもりと絞る。
7.残した1/3の卵を刷毛で塗り、200℃に温めたオーブンでこんがり焼き色がつくまで焼く。


実は本来スイートポテトは牛乳でなく生クリームを使用します。
ところが買うのをうっかり忘れてしまった私。
でもさつまいもの日の近辺にはここ数年スイートポテトを年中行事のように
作っているし、子供にも言っちゃったし…。
で、バターを普段より多めにして濃度の調節は牛乳でしてみました。
でもおいしくできましたよ~。

さつまいもがおいしいうちにまた作ろっと。

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2011-10-14 15:57 | お菓子

さつまいもの日



こんにちは、はちみつりんごです。

今日はさつまいもの日。

九里(栗)より(四里)うまい十三里という
江戸時代の洒落にちなんで江戸から十三里離れた
さつまいもの産地の一つである川越市のいも友の会が
10月13日がさつまいもの日と定めたそうです。

私はさつまいもが大好き。毎日食べても飽きませんよ~。
したがって我が家の食卓にはさつまいもをはじめいも系が
よく登場します。

男性にはこのモソモソ感があまりウケないこともありますが
幸い我が家は主人も息子も大好き。
さつまいも天や大学いもは争奪戦です。

このさつまいも、食物繊維が豊富で、コレステロールを下げる働きや
大腸がん防止の効果を持っています。
また昨今注目のポリフェノールの一種であるアントシアニンは
活性酸素の働きを抑制する抗酸化作用に優れていて
生活習慣病の防止にも効果があります。

さらにはビタミンCはコラーゲンの生成に不可欠。
女性にはウレシイ美肌効果もあります。

確かに他のいも類に比べるとカロリーは高いのですが、
こんなにいいこと尽くしのさつまいも。
積極的にいただきたいですね~。

さつまいもはりんごと一緒に甘煮にすると
色もきれいでとってもおいしいのですが、
結構よく登場するよな…とおもったので、
今日は2種類のさつまいもをまず蒸してみました。

e0252849_1740307.jpg


切り口の大きいのが「紅はるか」。はるかにおいしいからだそうです。
小さいほうは「坂出金時」。
どちらもホクホクしてます。甘みは金時の方が甘かったかな。

今日はこれをマッシュしてマヨネーズとヨーグルトで和えて、
塩コショウで味を調えたさつまいもボールが一品。
e0252849_1744226.jpg


もう一つ、さつまいもと一緒にレンコンと人参を蒸して軽く塩を振ったものに
ピザ用チーズを載せてオーブントースターで焦げ目がつくまで焼いた
野菜のラクレット風です。
e0252849_17455341.jpg

溶けたチーズがカリカリで簡単シンプルなお料理ですがおいしいですよ。
ぜひお試しあれ。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2011-10-13 16:28 | お野菜

にっこり


e0252849_1771834.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

「にっこり」という比較的新種の梨が手に入りました。

この「にっこり」は、栃木県のオリジナルブランドで
「新高」と「豊水」を交配して平成8年に
品種登録されたもの。

国際的な観光地の「日光」と、梨の「り」を合わせて
「にっこり」と名付けられたそうです。

果実はとっても大きくて中には1.3キロを超すものも。
糖度も高くてさらに日持ちがよく、お正月を過ぎてもおいしく
いただけるのでみんなのお顔が「にっこり」してしまいますね。

今日は息子のクラスメイトが入院してしまったので、
みんなで社会の時間にお邪魔させていただいた
梨園の梨をお見舞いに届けました。

「にっこり」はこのあたりでも生産が進んでいるんですね~。

我が家用にも買ってみました。

帰りがけに梨園の奥様が交配用に生産している
「新興」と収穫がちょっと遅れてしまった「豊水」を
おまけでくださいました。
e0252849_17233838.jpg

右から「豊水」「にっこり」「新興」です。
「にっこり」、大きいですよね~。

いただくのがとっても楽しみです。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2011-10-12 17:27 | お野菜

焼き野菜サラダ


e0252849_1956876.jpg

こんにちは、はちみつりんごです。

シンプルにお野菜をたくさんいただける、
わたしのお気に入りの一皿です。

ガーリックオイルで焼いたキャベツや赤ピーマンに
仕上げにガーリックしょうゆを回しかける
とてもシンプルなものですが、
焦げたキャベツとしょうゆの香りが
とっても合います。

キャベツは生食が発がん防止効果にすぐれているって
ことは承知なんですが、
なかなか生ではたくさんいただけないもの。
キャベツも、こうしたらたっぷり食べられますよ。

e0252849_2012288.jpg

そして今夜の我が家の夕食はこんな感じ。

我が家の6歳の娘は大の赤ピーマン好き。
ビタミンCがたっぷりの赤ピーマン、まだ国産のものが
ふつうにスーパーにも出回っているので
あちこちに使ってみました。

ごはんに入っているミニトマトは
今年庭に植えたプランターミニトマトが
まだ地味~に赤く色づいているんです。

もったいないので、ピラフに入れちゃいました。
そのままでは酸っぱいけど、
こうしたら結構イケます。

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2011-10-11 20:07 | 料理いろいろ

りんご大好き



e0252849_16173651.jpg

こんにちは、はちみつりんごです。

10月に入ってさわやかな秋晴れが続いてますね。
でもお空や空気はすっかり秋。

秋の味覚の栗・さつまいも・いちぢく・柿・・・。
たくさんのお野菜や果物がお店に並んできましたね。
わくわくします。

私のネームにあるとおり、りんごもこれからおいしくなる季節。
1日1個は絶対りんごを食べてしまうほどのりんご好き。

今日は今シーズン初の紅玉をカラメルりんごにして
冷凍庫スタンバイしていたパードブリゼを使って
アップルパイにしてみました。
(→レシピは明日次回に載せますね)

紅玉は真っ赤なお顔のかわいいりんご。
酸味が強くてそのままいただくのはちょっと・・・と
最近敬遠され気味なんでしょうかね。

でも、コンポートやジャムにすると
何とも言えない酸味と加工しても
なくならない歯ごたえは格別。
加熱しても真っ赤な色が残るのもいいですよね。

まだ冷蔵庫に待っている紅玉がいるので
早く何かに変身させてあげなくちゃ。

e0252849_16352649.jpg


にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2011-10-11 11:54 | お菓子

はじめまして


はじめまして。はちみつりんごと申します。

お野菜お菓子が大好きです。

ずっとブログを作りたいと思っていたのですが
なかなか重い腰が上がらず・・・。

ブログビギナーですが
日々のお菓子作りやお料理を気ままに
つづっていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。
[PR]

by arabesquevege | 2011-10-11 11:15 | 自己紹介