<   2011年 11月 ( 35 )   > この月の画像一覧

ピンクにお化粧♪女子が喜ぶりんごの白ワインコンポート



e0252849_105373.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

スーパーの店頭に紅玉がなかなか並ばない時期に差し掛かり始めたので
シーズンに1度といわず何度でも作りたい、りんごの白ワインコンポートを作りました。

やはりこのコンポートも紅玉で作ると、紅玉ならではの酸味と
熱を加えてもシャッキリ感が残る感じ、それからなんといってもこのきれいな赤が
りんごに程よく移るということで単なるりんごのコンポートでは終わらなくなるので外せないですね~。

この赤、剥いた皮を一緒に煮るとこんな感じにうまく色が移ります。
さらに皮だけシロップで煮詰めてりんごを付け込んでおくとさらにきれいな色が移っていくので
皮も栄養価高いですからぜひ活用ください♪

ではレシピはこちら。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
<りんごの白ワインコンポート>

<材料>
りんご(紅玉)  2個→ふじやジョナゴールドでも可能。レモン汁を入れて酸味は調節ください。
水  大さじ2
白ワイン  50cc
砂糖  大さじ3→甘みはお好みで♪

<作り方>
1.りんごは皮を剥いて芯をとり、8等分にする。
2.ホウロウなどの鍋に皮とりんごを並べ砂糖を振りかけてしばらく置く。
3.白ワインと水を加えて中火にかける。
4.りんごに火が通ってきれいな赤が浸透してきたら火を止めて冷ます。歯ごたえはお好みで。
5.りんごに傷をつけないようにいったん取り出し、皮だけ残してさらにシロップで煮詰める。
6.取り出したりんごに加えて保存容器などで保存する。

頂くときは器によそってシロップを上から少しかけて召し上がってくださ~い♪
これ、アイスクリームに温かいコンポートを少々乗せてもおいしいですよ(^u^)

ポチッとみなさまの応援どうぞよろしくお願いします(*^_^*)



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2011-11-30 12:22 | くだもの

とろ~り里芋の味噌グラタン



e0252849_20563172.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

今日は里芋をマッシュして味噌で味付けしたほっこり心も温まるグラタンを作ってみました。
この里芋は、長男の学校の校長先生が先生方にお配りされていたものが余っていたので
たまたま頂いたもの。
今年まだ里芋は食べていなかったのでありがた~く頂戴してまいりました。

子供に「校長先生の里芋だよ~」と教えると「え~、なんでママがもらえるの??」と驚いている反面、
うれしそうに食べてました♪
私が小学生のころ思っていた校長先生像は話しかけるなんてとんでもない、遠い存在でしたが
我が息子の学校の校長先生はありがたいことに気さくで子供にとても近い存在のようです。

それはさておき、里芋は淡白なお味ですが、田楽や甘辛に煮て食べるほか唐揚げもおいしいですよ~。
いも類の中では最もカロリーが低く、茹でると出てくるぬめりはタンパク質のムチン。胃腸の働きを助けて粘膜を丈夫にしてくれます。

このグラタン、炒めた具の上にマッシュした里芋を乗せてソースとピザ用チーズをかけて焼くと、
里芋そのものがホワイトソースのようにとろとろになってとてもおいしかった\(^o^)/
味噌が里芋の淡白なお味を引き立ててます。

レシピはこちら。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
<とろ~り里芋の味噌グラタン>

<材料>  4人分
里芋 5個
★玉ねぎみじん切り  1/2個分
★ベーコンブロック  50ぐラム→細切りにする
★マッシュルーム  6個→みじん切り3個分、薄切り3個分
★カリフラワー  3かけ
★ほうれん草  3株分くらい  茹でてみじん切り
人参 5ミリの厚さ  8枚

バター  5グラム(炒め用)
生クリーム  50cc
牛乳  50cc
味噌  大さじ2
塩コショウ  適宜
ピザ用チーズ  適宜
パン粉  少々

<作り方>
1.里芋は洗って皮付きのまま電子レンジにかけて火を通し皮を剥く。
  剥けたら温かいうちにフォークの背でつぶす。
2.★の具を炒め、塩コショウを軽く振って味をつける。
3.人参・カリフラワーは軽くゆでておく。
4.耐熱皿にバターを塗り★を敷き、その上から里芋を乗せる。
5.牛乳と生クリームを合わせて味噌を溶いておく。
6.4に5を流しチーズとパン粉を乗せて230度に予熱したオーブンで20分焼く。
  こんがりきれいな焼き色がついたら出来上がり。

e0252849_20543840.jpg


具はなんでもOK。私はカリフラワーのホックり好きで、グラタンには冬の時期のグラタンには
たびたび仲間入りしてもらうのですが、シンプルにネギだけとかブロッコリーを入れるとか
アレンジできます。
今日みたいに寒~い日はアツアツをどうぞ召し上がれ~♪

ポチッとみなさまの応援どうぞよろしくお願いします(*^_^*)



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2011-11-29 07:58 | お野菜

鶏のせせり 黒コショウ炒め

e0252849_655143.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

宅配の食材にたま~に出るのがこの「鶏のせせり」。
形は細長くてササミのミニ版のようなんですが、油も適度にあってジューシーで柔かい。
鶏の喉のあたりにあたるんですかね。1羽から少量しか取れないみたいなんですが、
私はこの食感が大好きなんです。
登場するのも時々、しかも限定800個なんて言われると2~3袋買ってしまいます(冷凍庫がいっぱいになるのが難点なんですけどね)。

やはりなんといってもガーリック塩だれでいただくのが絶対においしいです。

レシピはこちら。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
鶏せせりの黒コショウ炒め>
<材料>  4人分
鶏せせり  300グラム
★塩小さじ  1
★コショウ  2振りくらい
★ニンニクすりおろし  1かけ
★胡麻油  大さじ2
ネギ  みじん切り  大さじ2
黒コショウ  適宜

<作り方>
1.鶏せせりに★の下味をつけて2~3時間、できれば一晩マリネしておく。
2.せせりは室温に戻す。
3.フライパンを熱し2を入れる。きれいな焦げ目がつくようにときどきフライ返しなどで
  押さえつけるようにする。
  周りが白くなってきたら裏返し同様に焼く。
4.ネギ・黒コショウを加えてこんがり焼き色が着いたら取り出してお皿に盛り付け最後に黒コショウを上から
  数回ひいて出来上がり。

食べながら、ネギ塩ソースをたっぷり作ってそれをトッピングしたら、アリシンたっぷりになって健康的で
よかったかも…なんて思ってしまいました。次回の課題です。

冬が確実に訪れている今日この頃、この時期になるとどういうわけか仔牛のリードヴォーが食べたくなります。でも普通ではなかなかそんなものはお目にかかれません。
なのでこのせせりをいただいて満足してます。
ぜひせせりを見かけたら試してみてくださいね♪


ポチッとみなさまの応援どうぞよろしくお願いします(*^_^*)



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2011-11-28 13:04 | 料理いろいろ

絶品 フィグのガトーショコラ



e0252849_6503236.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

先日、子供の学校が終わってから実家に行き、父と姉家族と楽しい夕食会がありました。
その時の姉のお土産に焼いたのがこれ。

私の大好きなケーキの一つ、このフィグのガトーショコラ。
お菓子はわりと良く作るのですが、まだチョコレートを極めるところまでは達しておらず、
したがってチョコレートケーキなるものも年に数回しか作らないんです。

でも、このフィグのガトーショコラは別。
いちぢくが大好きというのも手伝って、おそらくチョコレート系のケーキを作るほとんどがこれかも!
使っている材料どれも分量が実は少ないのにこのコクとしっとり感が出るんです。

レシピはこちら。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 

<フィグのガトーショコラ>

<材料>

チョコレート  20グラム
☆アーモンドプードル  15グラム
☆粉糖  15グラム
☆卵白  5グラム
生クリーム  40cc
★薄力粉  50グラム
★ココア  15グラム
★ベーキングパウダー  5グラム
グラニュー糖  50グラム
卵  1個
バター  50グラム
セミドライいちぢく  40グラム(ラム酒少々をふってダイスに切っておく)

<作り方>
1.☆を合わせておく。★は合わせてふるっておく。オーブンを170度に熱しておく。
2.生クリームをあたためてチョコレートを完全に溶かす。
3.室温に戻したバターを泡だて器で練り、砂糖を加えて白っぽくなるまで混ぜる。
4.☆を加えて混ぜる。
5.溶き卵を少量ずつ加えてさらに混ぜる。
6.★を加えてよく混ざるまで混ぜる。
7.2を加えた後、刻んだいちぢくを入れて混ざったらオーブンシートを敷きこんだ型に流して
  170度のオーブンで10分、160度に落として25~30分程度焼く。

このスタイリッシュスリム型がまた手ごろで、なかなかおしゃれ感を出してくれます。
卵を別立てにする必要もなく、とってもおすすめですよ~♪

そして引き換えにもらったものがこちら。
e0252849_10425930.jpg

京都のお土産。
ヘーゼルナッツのラズベリージャムサンドクッキーと、
クルミが中に入っていていかにも京都らしい上品でこちらではこの味はいただいたことのない和菓子、
鶏料理屋さんが出しているという肉味噌。京野菜につけて食べるのだとか。
とろとろの感じの肉味噌は大根やセロリに付けてバリバリ食べられてしまうおいしいお味でした♪
お土産どっさりで棚からぼたもち状態。シアワセ\(^o^)/

ポチッとみなさまの応援どうぞよろしくお願いします(*^_^*)



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2011-11-27 10:45 | お菓子

本格米麹のあまさけ


e0252849_754176.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

今日は米麹で作る本格あまさけのご紹介です。

酒粕をのばして作るあまさけも手軽で栄養もあり、体が温まりますが、
この米麹で作るあまさけは酒粕のそれとはお味、風味ともに全く違って
お子様でもイケるお味です。

50~60度に麹を保温して10~12時間ひたすら待つ、というだけでこの味が出来るのであれば、
冬の寒~い日、どこにも行きたくないわ…なんて思った時におうちでぬくぬく温度管理
なんていうのもありかな・・・。

では作り方はこちら。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
<本格米麹のあまさけ>

<材料>
米麹(乾燥)  200グラム
ごはん  300グラム
水  600cc

<作り方>
1.温かいごはんに水を加えて5分くらい煮ておかゆの状態にする。
2.温度計を当てて55度くらいに冷ます。
3.麹を加える。
e0252849_751264.jpg


4.炊飯器の内がまにお湯をはり、一回り小さいボウルなどに3を入れてふたはせず布巾などをかけて
  保温スイッチを入れて発酵させる。
e0252849_7515575.jpg

  途中温度が50~60度の間で保たれるよう保温を入れたり切ったりして温度管理をする。
5.10~12時間後、とろりとした感じになっていれば出来上がり。

保温は大きな鍋にお湯をはり、そこにボウルを浮かべて行っても大丈夫です。

このあまさけは、母が毎年大寒の時期になるとご近所のおばさま方と味噌を仕込んでいたのですが
その時に麹をたくさん取り寄せて味噌作りのあとは必ず作ってくれた思い出の味。
母はホウロウの鍋にブランケットを何枚も巻いて雪だるま状態にしたり、大きな発泡スチロールに入れて
保温したり、こたつの中に入れたりしていました。まさにエコの発想!

いただくときは、ミキサーにかけてお好みの濃度に薄めてお鍋で必要な分沸かしてくださいね。
大人にはしょうがのすりおろしを少々入れると断然おいしくなりますし体も喜びますね~。
寒くなってきたのでみなさま温まって風邪予防なさってくださいね~。

ポチッとみなさまの応援どうぞよろしくお願いします(*^_^*)



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2011-11-26 06:11 | 料理いろいろ

スピードさつま揚げドン弁当



e0252849_759372.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

今朝はスピード弁当に挑戦。
おでんでもしようかと買ってしまったさつま揚げがちょうどあったので、半分拝借してさつま揚げ丼の
お弁当を作りました。
さつま揚げは揚げてあるのでコクも十分。豚カツのおいしさには負けるけれど、
それ自体でいただいてもおいしいので卵でとじればおいしいかも♪
と作ってみました。

前日の夕食の玉ねぎを少々取っておいて煮汁につけておいてさっと火を通して食べやすく切ったさつま揚げと卵でとじます。
煮汁は甘口が好きなので、しょうゆ:みりんが同量で砂糖をその半量加えて煮る時に水を少々加えて作りました。

ほうれん草は湯がいておけばしばらくは冷蔵保存も可能。
実家で収穫したり買ってきたりしたらすぐその場でさっと湯がいておきます。お弁当に役立ちますよね。
当日朝バターでいためればOK。

あとはタコサンにカットしたウインナーをさっと焼き、かぼちゃは電子レンジに少々かけて
めんつゆで5分くらい煮ればできあがり。

最近娘の幼稚園では暖飯器にお弁当を入れてくれるので、
暖かくてありがたいのですが、ミニトマトや浅漬けや沢庵系はNG。
いろどりに結構困るんですよね~。
そんなわけでキティーやハートのピックは大活躍です♪
丼もちょっと殺風景なので星の海苔をトッピングして出来上がりです。

ちょっとした下ごしらえが出来ていれば10分でお弁当も可能ですよ。
ランキングに参加しています。

ポチッとみなさまの応援どうぞよろしくお願いします(*^_^*)



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2011-11-25 07:44 | 料理いろいろ

長ネギのスープ煮 チーズクラッカー添え



e0252849_2148087.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

寒くなってきてシチューやスープなど体がじんわり温まる食べ物が恋しくなりますよね。
今年はまだですが、霜が降りてくると畑土の下にできるお野菜たちは水分をたくわえて寒さに耐えることで
おいしさが増してきますね。そろそろそんな時期。

今日は長ネギに焼き色を付けてからじっくりとスープで煮て甘さを引き出した
やさしいスープを作ってみました。

長ネギは細かく切ってしまうと辛みが出てくるので、なるべく大きくカットして使うと
甘みがグンと引き出せる気がしますよ。

作り方はこちら。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
長ネギのスープ煮
<材料> 2人分
長ネギ  太いもの2本
バター  5グラムくらい
固形ブイヨン  1個
塩・コショウ  少々
クラッカー(バケットなどあれば尚可)  2枚
溶けるタイプのチーズ  適宜

<作り方>
1.ネギは5センチくらいの長さに切りそろえる。
2.鍋にバターを入れ火をつけ溶かしたらネギを入れてゆっくりと焼き、甘みを引き出しながら
  表面に焼き色を付ける。
3.焼き色が着いたら水適宜とブイヨンを加え煮る。
4.柔かく煮えたら塩コショウで味を調える。
5.クラッカーにチーズを乗せオーブントースターでチーズを溶かす。
6.器によそい、パセリやセロリの葉っぱなどあれば最後に散らして5を乗せて出来上がり。

チーズはピザ用チーズなどあるものでOKですがあればモッツアレラやコンテなど
独特の感じが出てまた楽しめると思いますよ~。

ランキングに参加しています。

ポチッとみなさまの応援どうぞよろしくお願いします(*^_^*)



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2011-11-24 21:48 | お野菜

紅玉のジャム



e0252849_2114086.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

以前にアップしていた写真ですが、りんごジャムが作りたくなったのでそれなら酸味と味共に
料理向きの紅玉でジャムを作ってみました。

紅玉はりんごの中では早生の部類に入りますが、そのまま食べるには酸味が強く肉質も
大変しっかりしています。
真っ赤なほっぺのりんごちゃんのイラストなどに出てきそうなりんごですが、
このりんごの特長じゃ加熱しても煮崩れしにくく適度な酸味を持っている、調理向きのりんごといえます。
紅玉で作ったりんごのコンポートやアップルパイは、他の種類では出せないおいしさを持っています。

では、レシピはこちら。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
紅玉のりんごジャム

<材料>
りんご(紅玉、なければふじやジョナゴールドで代用)  500グラム程度
はちみつ  大さじ2
砂糖 りんごの重量の1/2量
バニラ  1/2本
シナモン(粉末)  適宜

<作り方>
1.砂糖にバニラを入れて香りをうつしておく
2.りんご1/3量は皮を剥きをフードプロセッサにかけてピュレ状にする。
  残りは千切りにして一部角切りにしておく。
3.厚手のホウロウ鍋に1と2を入れて火にかける。

e0252849_21225765.jpg


4.ときどきあくを取りながらツヤ感がでるまで煮る。
5.煮あがったら清潔に洗ったビンなどに熱いうちに移してふたをする。
  逆さにするとふたの消毒にもなる。

より長持ちさせるためには、ふたをした瓶ごと蒸すとよいですよ。

家にあった瓶に3本ほどできました。
ヨーグルトに混ぜたりパンに塗るのはもちろん、アップルパイやパウンドケーキの中身にも使えます。

最近はなかなかスーパーなどでは見かけなくなってきたような気がしますが、
紅玉がなくならないうちにもうちょっと作っておきたいです♪

ランキングに参加しています。

ポチッとみなさまの応援どうぞよろしくお願いします(*^_^*)



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2011-11-23 20:51 | くだもの

塩麹のきんぴらごぼう



e0252849_1429950.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

塩麹、私も実は仕込んでます。

発酵食品である麹は、麹菌と酵母が作り出す酵素が食品の成分を分解してうま味を引出し
独特の香りやコクを作り出します。
また、肉や魚は酵素によってタンパク質が分解され柔かくもなります。

粒粒感が残ってこれは何?って思ってしまう方もいるかと思いますが、
きんぴらを塩麹と砂糖だけの味付けで作ってみました。
きんぴらごぼうは私が好きなお献立の一つ。

ごぼうはあくが強いし切るのが面倒…と思いながらも、せっかくつくるんだしお弁当のおかずにもいいので
いっぱい作ろう!と思うですが、その日に結局食べきってしまったり。
だしをたくさん入れてみたり、甘口にしてみたり、これまでいろいろ試行錯誤を繰り返してきたのですが、
ごぼうと人参に塩麹と砂糖だけしか調味料を入れなくてもこんなにおいしくできます。
どくとくの甘みとちょっと味噌炒めを思わせる風味が絶妙ですよ。

レシピはこちら
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
<塩麹のきんぴらごぼう>

<材料> 作りやすい分量
ごぼう  カットごぼうだったので3本
人参  5センチ
赤トウガラシ  適宜
胡麻油  小さじ2
塩麹  大さじ2
砂糖  小さじ2

<作り方>
1.ごぼうは良く洗って先端を切り落とし、ピーラーでひたすら削る。
  人参は斜め薄切りにして千切りにする。
2.鍋にごま油を熱し、赤唐辛子を加えてごぼうを入れる。
  ごぼうの香りがしたら人参も加えてじっくり炒める。
3.砂糖を入れ塩麹も加えて水分を飛ばして仕上げる。

エノキやしいたけ類なんかを加えてもおいしいですし、
残っていたネギなんかを加えると、また違ったおいしさが生まれますよ。
[PR]

by arabesquevege | 2011-11-21 13:31

家計のおたすけ料理、かぼちゃの肉巻フライ


e0252849_22284585.jpg


こんにちは、はちみつりんごです。

今日はOisixさんのかぼちゃが冷蔵庫にあって、ホクホクのおいしいかぼちゃだったので
お肉を巻いてフライにしてみました。
このかぼちゃのフライ、私が子供のころから大好きなお料理。
当時母は、かぼちゃだけをフライにしていましたが、一応タンパク質も一緒に摂りたいよな・・・
なんて考えたので、切り落としの肩ロースを1まいくるりと巻いて衣を付けました。

写真がキレイじゃなくてとても恥ずかしいのですが、これしか撮れなくて^^;
かぼちゃ1/6個くらいで4人分のおかずが出来てしまう、家計のおたすけ料理。
お肉はベーコンでも豚小間なんかでもOK。
ボリュームもあるしおススメですよ。

レシピはこちら
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  

<かぼちゃの肉巻フライ>

<材料>  4人分
かぼちゃ  1/6個  8ミリくらいの厚さにカットする
豚肩ロース薄切り  8枚
塩コショウ  適宜
☆小麦粉  適宜
☆パン粉  適宜
☆溶き卵 1個

<作り方>
1.種を取り薄切りにしたかぼちゃに軽く塩コショウをした薄切り肉をくるりと巻く。
  (小麦粉をあらかじめ肉に茶こしなどで上から振りかけておくとしっかりくっつきます)
2.☆で衣をつける。
3.揚げ油(分量外)を150度くらいい熱して2を入れてかぼちゃに火が通るように揚げていく。
  最後だいたい揚がってきたら油を高温にしてカラリとさせて引き上げる。
4.バットなどに取って油をきって出来上がり。

ソースをたっぷりかけて召し上がれ)^o^(

ランキングに参加しています。

ポチッとみなさまの応援どうぞよろしくお願いします(*^_^*)



にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村
[PR]

by arabesquevege | 2011-11-20 22:42 | お野菜